こんにちは、かずぼーです。

私は日頃ダイエットについて情報発信をしているため、ずっとダイエットについて考えていますし実践しています。

 

私自身は昔から肌が荒れやすく、少しでも不摂生をするとすぐに顔にニキビができるタイプの人でした。

ところがね。

ダイエットを始めて1カ月ちょっと経ちますが、肌荒れがなくなってきたのです。

 

男性ならわかると思いますが、私なんかは口の周りにニキビができたりして髭を剃る時に「どうやって髭を剃ろうか」と悩むものです。

下手にニキビを潰してしまった日には、悲惨なことになりますからね。ニキビ跡が残ってしまえば最悪です。

 

ダイエットをすると肌が綺麗になるの?

 

結論、肌が綺麗になりますよ。

見た目が若々しくなるのはもちろんなのですが、ニキビができて表情を変えた時の痛みからも解放されるので絶対おすすめ。

 

かずぼー
ダイエットは必然的に肌を綺麗にするよ。
動画でも解説していますので、ラジオ感覚で聞きたい人はこちらをどうぞ▼

ダイエットを始めると必然的に肌が綺麗になる理由

ダイエットには糖質制限は欠かせません。

糖質を抑えることは、実は肌を綺麗に保ち若々しく魅せる効果もあります。

 

糖質を過剰に摂取することで、膵臓からインスリンが分泌されてそれによって余分な糖が脂肪に置き換わってしまうのです。

そもそも身体の多くは水分ですが、それ以外はタンパク質と脂質が主です。

身体に糖が余分に余っているのは良くないことなんですよね。

タンパク質と糖質が結合すると身体が錆びる

糖質を過剰に摂取すると、身体を作るタンパク質と温められた糖質が結合してAGEs(終末糖化産物)と呼ばれる物質を発生させます。この反応を糖化といいます(1)

食後の高血糖で発生したAGEが、実は肌を老化させるのです。

皮膚の真皮に溜まりコラーゲン線維をランダムに結び付けて規則正しい配列を乱してしまいます。

このことによって、肌の弾力やハリを低下させるのです。

パンや肉を焼くと焦げ目がつきますよね。これと同じことが肌で起きているのです。

コラーゲン線維の寿命は10年近くありますので、一度AGEsが溜って低下した肌の弾力やハリはなかなか元には戻せません(1)。

血糖値を上げにくい食べ物を選ぼう

次は、身体に過剰に糖をため込まないための食事方法について見ていきましょう。

GI値(グリセミック指数)を見ておこう

ダイエットは9割は食事が大事といわれています。

ダイエットには糖質制限は欠かせませんが、糖質を制限するだけでも痩せて肌も綺麗になっていきます。

そこで指標となるのがGI値(グリセミック指数)です。

GI値は血糖値の上昇度合いを見る指標であり、この数値が高いほど血糖値が上がりやすいといえます。

こちらのリンクでGI値一覧を確認できますので、参考にしてください。

 

コックボー
主食の白米やパンを控えるだけでも太りにくくなり、肌を綺麗に保ちますよ。

食べ物を冷ますことでAGEs量を抑えられる

ちなみに、AGEsを抑えるには食品を温めないことも重要です。

AGEsは温めることでタンパク質と結合しやすいくなります。(温めるとAGEsが5倍になる)(2)

なので、魚なら刺身のまま召し上がるか肉などはお酢につけることでAGEs量を1/2に抑えることができます。

 

コックボー
チキン南蛮などはAGEsを抑えられて良いかも。
レモン汁をかけて食べるのも効果がありますよ。

AGEs量を抑える食べ物

また、抗酸化作用のある栄養素満点の食材にはAGEsを押さえる効果があります。

栄養素 食べ物
カルシノン ウナギ、鶏肉、マグロ、抗酸化作用がある
B1 鶏肉、ウナギ、玄米、そば、大豆、レバー、豚肉
B6 カツオ、マグロ、サーモン、ナッツ類、肉類全般、野菜、バナナ、ニンニク
ポリフェノール 赤ワイン、ブリーベリー

 

ビタミンB1は血糖値を押さえる効果もありますし、魚類もオメガ3系脂肪酸が含まれているので脂肪燃焼効果が高いです。

ワインも痩せやすいお酒として有名ですね。

血糖値が高い人は老けて見られるし、病気にもなりやすい

血糖値をコントロールできない病気として糖尿病があります。

糖尿病になると糖が血中に残存しているため、糖化が進みやすくなります。糖尿病患者は、実年齢よりもどこか老けて見られる印象があるのです。

糖尿病検査で出てくるヘモグロビンA1cは、実はAGEsの初期反応です。

AGRsが発生すると、血管や腎臓、筋肉、コラーゲン線維などあらゆる組織の損傷をもたらします。

AGEsは、動脈硬化を引き起こし心筋梗塞や脳梗塞も引き起こすリスクファクターにもなっています。これを表すように、イタリアの研究ではAGEsが多い人は死亡が高いこと明らかになっています(2)。

ダイエットで痩せると同時に、健康的で若々しい肌を手に入れよう

肌を綺麗にするサプリや洗顔料、化粧品なども多く販売されていますが、身体の内側から変えることが何よりも大切です。

高額な洗顔料や化粧品を使うよりも、普通にダイエットをすれば肌は綺麗になるのです。

 

私はただダイエットをしただけで、たまにポツポツできるニキビが確実に減りました。

私は最初は痩せることが目的でしたので、ダイエットを始めて健康的になったことで肌質も改善されて「見た目が若くなった」とも言われるようになりました。

ダイエットにおいて食事だけでなく運動をしたり生活習慣を変えることも大切です。その結果肌も綺麗になります。

運動をすると汗で老廃物が除去され、新陳代謝が促進されます。しかも余分な糖をエネルギーに変えることで、AGEsも抑制します。

 

かずぼー
運動はストレス発散にもなるよね。

他にもダイエットに欠かせないのは、自律神経の乱れや睡眠不足を解消することです。

ダイエットをしようと思えば、必然的に規則正しい生活になります。それによって肌が綺麗になります。

 

ダイエットには、美容や健康といった意味も含まれています。

つまり、ダイエットを通して若々しく健康的な生活に変えていくことが本来の目的なのです。

 

参考

(1)糖質オフと栄養の科学p92.93

(2)医師が教える最強の食事術p186~211

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事